読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統合失調症等は架空の病気?伊は制度終結、英国縮小、日本増加

英語版wikipedia

https://en.wikipedia.org/wiki/Deinstitutionalisation#United_Kingdom

 

 

Italy
See also: Psychiatric reform in Italy
Italy was the first country to begin the deinstitutionalisation of mental health care and to develop a community-based psychiatric system.[39] The Italian system served as a model of effective service and paved the way for deinstitutionalisation of mental patients.[39] Since the late 1960s, the Italian physician Giorgio Antonucci questioned the basis itself of psychiatry; from 1973 to 1996 Antonucci worked on the dismantling of the psychiatric hospitals Osservanza and Luigi Lolli of Imola and the liberation – and restitution to life – of the people there secluded.[40] In 1978, the Basaglia Law had started Italian psychiatric reform that resulted in the end of the Italian state mental hospital system in 1998.[41]

The reform was focused on the gradual dismantlement of psychiatric hospitals, which required an effective community mental health service.[15]:665 The object of community care was to reverse the long-accepted practice of isolating the mentally ill in large institutions and to promote their integration in a socially stimulating environment, while avoiding subjecting them to excessive social pressures.[15]:664

The work of Giorgio Antonucci, instead of changing the form of commitment from the mental hospital to other forms of coercion, questions the basis of psychiatry, affirming that mental hospitals are the essence of psychiatry and rejecting any possible reform of psychiatry, that must be completely eliminated.[42]

 

イタリア

イタリアの精神医学改革

イタリアは、メンタルヘルスケアの脱制度化を開始し、コミュニティベースの精神医学システムを開発する最初の国であった[39]。イタリア体制は、効果的なサービスのモデルとして機能し、精神病患者の脱Institutionalisationの道を開いた。[39] 1960年代後半から、イタリアの医師ジョルジョ・アントゥッチは精神医学の基礎自体に疑問を呈した。 1973年から1996年にかけてアントゥッチは、イモラの精神病院OsservanzaとLuigi Lolliの解体とそこに住む民衆の解放と人命の救済に取り組んだ。 1978年に、Basaglia法はイタリアの精神病院制度の終結をもたらしたイタリアの精神医学改革を1998年に開始した。[41]

この改革は、効果的なコミュニティメンタルヘルスサービスを必要とした精神病院の段階的解体に焦点を当てていた[15]:665コミュニティケアの目的は、大規模な施設で精神病を隔離し、過度の社会的圧力にさらされるのを避けながら、社会的に刺激的な環境での彼らの統合。[15]:664

ジョルジョ・アントゥッチの仕事は、精神病院から他の形態の強制へと変化するのではなく、精神医学の根本に疑問を投げかけ、精神医学の本質であり、精神医学の可能な改革を拒否する除去された。[42]

 

United Kingdom[edit]
See also: Care in the community
In the United Kingdom, the trend towards deinstitutionalisation began in the 1950s. Enoch Powell, the Minister of Health in the early 1960s, criticized psychiatric institutions and called for most of the care to be transferred to general hospitals and the community. In 1983, the government of Margaret Thatcher began the Care in the Community initiative to reduce the number of mental hospitals.

イギリス

関連項目:コミュニティのケア
英国では、脱制度化の傾向は1950年代に始まった。エノク・パウエル(1960年代初期の保健大臣)は精神医学施設を批判し、大部分のケアを一般病院や地域社会に移転するよう求めた。 1983年に、マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)政府は、精神病院の数を減らすために、コミュニティ・イニシアチブにおけるケアを開始しました。

 

 Japan
In Japan, the number of hospital beds has risen steadily over the last few decades.

日本
日本では、ここ数十年にわたり病院のベッド数が着実に増加している[7]。

 

 

≪ 統合失調症 存在しない病気 ≫

http://www.geocities.jp/tappingtech/yamai.html