集スト(集団ストーカー)への反撃方法とネット工作員の駆逐方法。特徴を突く。

f:id:higaikakusan:20180726011539p:plain




ある陰謀論者の方がネット工作員を駆逐する方法について書いています。

 

工作員であることが「工作員の急所」なので、急所を付いて工作員を追い詰めましょうということです。

例えば、「お前は人間としてどうしようもない仕事をしている。社会のゴミだ。早く社会復帰しなさい」などと本当のことを言えば、彼らは確実に参ってしまいます。

RAPT | RAPT×読者対談〈第67弾〉ネット工作員をこの世から駆逐する方法。

集ストへの反撃方法もこれと同じ理屈です。

 

 

工作員の急所について、もう少し引用を出しておきます。

しかし、これだけははっきりと言えることですが、彼らにも確実に「急所(ウィークポイント)」があります。

その「急所」が何かといえば、ズバリ、「彼らが工作員であること」そのものです。これこそが彼らにとって最大の「急所(ウィークポイント)」です。

どういうことか具体的に説明しましょう。

■彼らは他にまともな仕事にありつくことができないので、人のアラを探したり、人の悪口を書くような仕事にしか就けなかった可能性が高い。

■当然、そのような仕事を毎日続けていれば、自分が惨めに思えてくるし、ときに激しい罪悪感を抱いたり、後悔したりもする。

■そのため、他のまともな仕事についている人と自分とを見比べて、自分に劣等感を抱いている可能性が高い。

■最初のうちは、他の仕事よりも給料が高いので、張り切って仕事をするけれども、彼らとて人間なので、誰かから悪口を言われればひどく傷付き、落ち込む。ときに絶望する。

■普通にブログを書いている庶民は、それなりに賛同者がいたりするけれども、彼らには一人も賛同者がいないので、孤独な思いを抱いている可能性が高い。

私はこれまで工作員(および工作員とおぼしき人)たちと何度もやりあってきましたが、その結果、彼らがこのような人格を持っていることが次第に分かってきました。

なので、彼らのこの「急所」を突くことが何よりも重要です。そうすれば、彼らは本当に滅入ってしまうはずです。

例えば、「お前は人間としてどうしようも仕事をしている。社会のゴミだ。早く社会復帰しなさい」などと本当のことを言えば、彼らは確実に参ってしまいます。

そして、いずれその仕事を辞めていくことでしょう。

そんなことをしたら彼らが可哀想だ、と言う人がいるでしょうか。

はっきりと言いますが、彼ら工作員も我々庶民の「急所」をすべて心得ており、その上で徹底的にその「急所」を攻撃してきます。

なので、我々も彼らの「急所」をきちんと分かった上で、その「急所」を攻撃しなければなりません。でなければ、逆にこちらがやられてしまいます。

特に彼らがよく使う手口は、「お前が書いていることは社会にとって有害であり、甚だ迷惑である」と我々に洗脳させることです。具体的な一例が以下のリンクに書かれてありますので、ぜひともご一読ください。

RAPT | RAPT×読者対談〈第67弾〉ネット工作員をこの世から駆逐する方法。

工作員の特徴は惨め、劣等感、孤独などを抱いている可能性が高いとのことでした。

 

では集ストはどうなのか?

人にもよりますが、自分の意志で加担している悪人に対しては、同様の方法で急所を付くことができるのではないでしょうか?

 

ただし、面と向かって言うのは危険も伴うので、ここでは盗聴されているケースを前提にした方法です。

 

要は、先ほども出てきた「お前は人間としてどうしようも仕事をしている。社会のゴミだ。早く社会復帰しなさい」という内容を言えば良いのです。

 

盗聴主にこれを言ってあげましょう。

これでは言い足りないのなら、もっと本当のことを教えてあげればいいと思います。

 

「人を苦しめて自殺に追い込むようなクズが生きている価値があると思っているのか?」

「そんな悪人は世界人口の70億人全員が死んで欲しいと思っていることなのがわからないのか?

「他の人達も盗聴してみれば分かることだ。お得意の盗聴で聞いてみろ。お前のような悪人は誰も生きていてほしいなどと思っていない。

それどころか、そのような悪人は1秒でも早く死んでほしいと誰もが望んでいる。即刻この世から消えてほしいと誰もが切望している。

なぜか?そんなこと分かりきっている。人に嫌がらせをして苦しめて殺してもなんとも思わない極悪人だからに決っているだろう。」

「そんなことも自覚できない悪人に、誰が生きていてほしいと思う?一人もいない。」

 

higaikakusan.hatenablog.com

 

 

あくまで盗聴されている前提です。

加害者本人に面と向かって言うのは危険なので、盗聴しているであろう悪人どもにこれを言ってあげるのです。

 

集ストは表向きはそんなものは存在しないと宣伝しています。

なので、これは独り言です。

 

隣近所や集ストに理解の無い身内に聞かれないように、かつ、盗聴者に聞こえるようにつぶやきましょう。

(隣近所や集ストに理解の無い身内に聞かれると、便利な病気「統合失調症」のレッテルを貼られてしまう恐れもあります。)

 

デスノートという漫画をご存知ですか?

名前を書いた人を殺せるノートを主人公が手に入れてしまう物語です。

主人公の夜神月(別名キラ)は強靭な精神力と、類まれな知性を持ち合わせ、そのノートを使いこなし、犯罪者を裁いて新世界を作ろうとします。

夜神月以外の人間(キラC)がこのノートを使って人を殺してしまう特別編がありました。

そのキラCに対して、ニアという探偵が電波ジャックをしてテレビでこう伝えます。

 

「この人殺し」

 

これを聞いたキラCは3日後にデスノートに自分の名前を書いて自害してしまいます。

 

このストーリーの詳細はこちらにも書かれています。

ameblo.jp

 

これと同じ方法ですね。

 

集ストに自覚させる。

卑劣極まりない方法による「人殺し」という、生きる価値のないクズ行為を平気でしているヒトモドキに対して。

 

ただ、集ストは人殺しをしているという自覚はあるはずなので、この漫画のセリフだけでは生ぬるいはずです。

 

なので、集ストという急所を思いっきり突いてあげて下さい。

あなたの想像力、語彙力をフル回転させて完膚なきまでに突きましょう。

 

ポイントは工作員のときと同じです。

かわいそうと思ってはいけません。

 

被害はあなただけではありません。

今も多くの人が苦しめられています。

集ストのせいで自殺した人はそれこそ数え切れないほどいるはずです。

 

人生を狂わされた人もたくさんいるはずです。

絶対に情けをかけてはいけません。

戦場では情けをかけた相手に後ろから撃たれます。

 

自分はもちろん、他の人の被害を減らすためにも、急所を付くときは徹底して付いた方がいいです。

 

 集ストが撲滅・撃滅 ・ 殲滅 ・ 根絶やし ・  駆除 ・  根絶 ・ 退治されることを切に願っています。