アメリカ精神医学会(APA)は悪魔のシンボル。フロイトもユングも悪魔崇拝です。

 

まず、世界中の医師会のマークは、悪魔のシンボルである「蛇に杖」です。

f:id:higaikakusan:20180418172048j:plain

 

以下の画像が悪魔のバフォメット。

f:id:higaikakusan:20180418172129j:plain

 

そして悪魔崇拝組織やその工作員はこの蛇と杖をギリシャ神話の医療の神「アスクレピオスの杖」だと言います。

しかし、ギリシャ神話も悪魔崇拝者が作った神話です。

http://rapt-neo.com/?p=23385

 

ギリシア神話に出てくるヘルメースの持つ杖は2匹の蛇になっています。

f:id:higaikakusan:20180418173144j:plain

 

 

そしてアメリカ精神医学会(APA)のマークも「蛇に杖」です。

f:id:higaikakusan:20180418172017p:plain

 

精神医学の創始者ジークムント・フロイトは近親相姦、同性愛を肯定しています。

 

Homosexuality is assuredly no advantage, but it is nothing to be ashamed of, no vice, no degradation, it cannot be classified as an illness.
Letter to an American mother's plea to cure her son's homosexuality (1935)

 同性愛は確かに有利ではありませんが、それは恥ずかしいことではなく、悪徳も悪化もなく、病気に分類できません。
彼女の息子の同性愛(1935)を治すアメリカの母親の嘆願書への手紙

Sigmund Freud - Wikiquote

 

エディプスコンプレックス

ジークムント・フロイトが提示した概念である。

エディプスコンプレックスとは、母親を手に入れようと思い、また父親に対して強い対抗心を抱くという、幼児期においておこる現実の状況に対するアンビバレントな心理の抑圧のことをいう。

フロイトは、この心理状況の中にみられる母親に対する近親相姦的欲望をギリシア悲劇の一つ『オイディプス』(エディプス王)になぞらえ、エディプスコンプレックスと呼んだ(『オイディプス』は知らなかったとはいえ、父王を殺し自分の母親と結婚(親子婚)したという物語である)。

エディプスコンプレックス - Wikipedia

 

近親相姦はゾロアスター教という悪魔教の教義です。

 

また、同性愛は悪魔崇拝者が礼賛している行為です。

実際、金融ユダヤをはじめとする裏社会の人たちは、裏社会に正式に入団するために、敢えて自らを同性愛者に仕立て上げていると言われています。そうすることで、彼らの崇拝する悪魔ルシファーが大喜びするのだそうです。人間が「同性愛」という獣以下の醜態をさらすのを見て、ルシファーは満足するのだそうです。政治家にホモが多いと言われているのはそのためでしょう。

RAPT | 「同性愛」差別と「同性愛」の普及を糾弾することとは異なります。しかし、いずれにせよ「同性愛」は正常な感覚ではありません。

 

そしてジークムント・フロイトの出身はオーストリア

ここはハプスブルク家で有名な国です。

ハプスブルク家オーストリアを支配していた貴族です。

このハプスブルク家ロスチャイルド家に紋章を与えています。

ロスチャイルド家ロートシルト家)の紋章は1822年にオーストリア政府(ハプスブルク家)より、男爵の称号とともに授けられた

 

f:id:higaikakusan:20180418185725p:plain

 

 

ロスチャイルド家 - Wikipedia

 

分析心理学(ユング心理学)の創始者カール・グスタフユングも霊について扱っています。

ユングはその学位論文『いわゆるオカルト的現象の心理と病理』において、従妹ヘレーネ・プライスヴェルクを「霊媒」として開かれた「交霊会」を扱ったこと(ただしこの論文では神秘的要因ではなく精神の病理的状態に帰されている)、また錬金術占星術、中国の易などに深くコミットしたことにより、オカルト主義的な傾向を見て取られ、また新異教主義的な人々からその預言者とみなされる傾向がある。これにはおそらく母方のプライスヴェルク家が霊能者の家系として著名だった出自も影響していると思われる。

カール・グスタフ・ユング - Wikipedia

 

フロイトユング悪魔崇拝であることは下記のブログでも書かれています。一例を引用しますが、リンク先に飛んで一読をおすすめします。

RAPT | RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

 

フロイトは「アシュケナジー」でした。つまり、偽ユダヤ人であり、悪魔崇拝者です。

 

ユング」が影響を受けたとされる人物が「クラフト=エビング」「イマヌエル・カント」「ゲーテ」「アルトゥル・ショーペンハウアー」「フリードリヒ・ニーチェ」「易経」「グノーシス主義」「錬金術・ヘルメス主義」とあります。

ニーチェ」といえば、ゾロアスター教の教祖を主役とした「ツァラトゥストラはこう語った」という本を書き、「神は死んだ」と言って神の存在を否定した人物です。

易経」「グノーシス主義」「錬金術・ヘルメス主義」については、言うまでもありません、悪魔崇拝そのものですね。

特に「グノーシス主義」はそのシンボルマークが、ドルイド教と同じ「太陽十字」です。

「ヘルメス主義」のシンボルマークもこんな感じです。

f:id:higaikakusan:20180418194153p:plain

 

ヘルメス主義 - Wikipedia

ヘルメス主義は先程のギリシャ神話に登場したヘルメスと同じですね。

 

悪魔崇拝者が悪魔の理論で作った精神医学。

つまり、悪魔崇拝者にとって都合のいい医学ということでしょう。

 

 

higaikakusan.hatenablog.com