韓国朝鮮人(在日帰化含む)と日本人を見分ける方法。1万人の顔を見る。

 

韓国朝鮮人(在日帰化含む)と日本人を見分ける方法

結論から言うと、韓国・朝鮮人と日本人の顔をそれぞれ1万人ずつネットで見て下さい。

 

数稽古です。

 

日本人の顔はネットでなく、人通りの多い場所に行くのもいいかもしれません。

 

こなしていくと、あることに気付いてきます。

一例として、日本の芸能人と韓国の芸能人の顔がそっくりだということに気付きます。

(既にご存知の人も多いかもしれませんが)

 

お互いの国で似ている芸能人がいる。

そうした芸能人は一人や二人ではありません。

 

しかもなんとなく似てるどころではありません。

家族や親戚、もっと言えば双子なのではないか?

というくらい似ていることに気付きます。

 

そして、彼らの顔の造りに共通点や特徴があることにも気付いてきます。

 

過去の記憶を辿るときに役立つ「帰化名字検索サイト」

ある程度見分けられるようになってきたら、ご自身の小中高・学生時代・バイト先・職場などの記憶を思い返して下さい。

クラスや職場に変わり者がいましたよね?

 

その変わり者はどんな顔でしたか?

その変わり者の氏名はどんな名前でしたか?

名字の由来、語源、分布 - 日本姓氏語源辞典 - (人名力・別館)

 

上記の「日本姓氏語源辞典」は『帰化の記録』のデータが収録されています。

このデータから名字を割り出してくれるため、帰化人の名字を知ることができます。

とても便利です。

 

ただ、帰化の記録があったとしても、日本人も使っている名字もあるので、ここで当てはまったからといっても確実だとは言い切れませんので注意してください。

しかし参考にはなるはずです。

 

話が戻りますが、クラスメイトの変わり者の顔と名字を思い返して下さい。

卒アルを引っ張り出してもいいですね。

 

恐らく予感的中ではないでしょうか?

クラスにいた変わった人間はそうした理由があった可能性が高いです。

現に私は思い返してみると見事に当てはまっていました。

 

変わり者でなくとも構いません。

 

攻撃的だったり、なぜかおかしな態度をしてくる。

そうしたクラスメイトは反日教育を受けた人間だった可能性はありませんか?

そう考えると辻褄が合いませんか?

 

反日教育を受けた人間なら、こちらが何もしていなくとも、向こうはあなたを嫌ってきます。

攻撃的な態度を顕わにするでしょう。

 

もちろんここで言う方法が100%当たるとは言いません。

ただある種の傾向は見えてくるはずです。

 

人種を見分けるための数稽古の具体的な方法と役立つサイト

先述の見分ける方法で、数稽古だと言いました。

ではどんなサイトを探せばいいのか?

どんなふうにネット検索すればいいのか?

 

ここでグーグル翻訳の登場です。

translate.google.com

 

例えば、「顔」を韓国語に訳すと「얼굴」と出ます。

この「얼굴」で検索して下さい。

下がその検索結果です。

얼굴 - Google 検索

 

欧米人の顔も出てきているのでもう少し検索語句を工夫したほうがいいかもしれません。

 

「顔」は一例です。

 

「韓国人 顔」と検索しても、日本でアップされた韓国人の顔画像しかヒットしません。

얼굴と入力すると、国でアップされた顔画像がヒットします。

 

他国のことを知りたければ他国の言語で検索することです。

 

その国の人たちがネットに上げている情報を探すことができます。

ポイントはその国の人間の立場になって検索することです。

 

他国のサイトが外国語で読めないときはグーグルクロームのブラウザ機能を使えばいいです。

 

ブラウザ上で右クリックすれば「日本語に翻訳」という項目があるのでそれを選択するだけで日本語として読めます。先程のグーグル翻訳にコピペしてもいいです。

 

もちろん、完璧な翻訳ではありませんが、意味を大雑把に拾う程度ならこれでも十分です。

 

SNSを使う

他にツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどのSNSで同様に얼굴などと検索して下さいグーグル検索よりも一般人の顔がたくさん見られるはずです。

 

SNSは一般人の情報の宝庫です。

アカウントを作らずとも検索語句にツイッター、インスタ、フェイスブックなどと付け足せばSNS投稿を覗くことができます。

 

他には韓国ドラマの俳優や女優の画像を見たり、動画を見てみるのも参考になります。

 

こうしたものは見たくない、興味ないと思われるかもしれません。

気持ちはよくわかりますが、毛嫌いして知ろうとしなかったらいつまで経っても進展しません。

故事百選「彼を知り己を知れば百戦殆からず」

 

彼を知ろうとしなければ、受け身のままです。

彼を知り尽くせば対策も浮かんできます。

 

今の時代は平和ではありません。

 

避けたくても向こうからしつこく寄ってくることもあるはずです。

 

自衛策は多いに越したことはありません。